マタニティフォトのプロップスはどんなものがおすすめ?

マタニティフォトのプロップスはどんなものがおすすめ?

アイデア次第で、様々な演出が楽しめます。

プロップスとは、写真を撮影する際の小道具のことです。スタジオにも用意がありますので是非ご利用ください♪ プロップスを使うことで、ポップでキュートなマタニティフォトを撮影することができるでしょう。ここでは、マタニティフォトを撮影する際におすすめのプロップスについて紹介します。

プロップスとは、写真を撮影する際の小道具のことです。ひげや眼鏡をモチーフにしたものから、メッセージが書かれたものまで、可愛らしいデザインのものがたくさんあります。簡単にハンドメイドすることもでき、結婚式などの写真撮影でも人気のあるアイテムです。プロップスを使うことで、ポップでキュートなマタニティフォトを撮影することができるでしょう。ここでは、マタニティフォトを撮影する際におすすめのプロップスについて紹介します。

プロップスでキュートなマタニティフォトを撮ろう!

プロップスの定番モチーフといえば、ひげや眼鏡、王冠、リボンなどです。これらももちろんかわいく仕上がりますが、マタニティフォトの場合、哺乳瓶やおしゃぶり、スタイなどをモチーフにしたものも良いでしょう。また、吹き出し型のプロップスに「HELLO!」などのセリフを書き、まるでお腹の中から赤ちゃんが話しかけているような写真を撮るのもおすすめです。アイデア次第で、様々な演出が楽しめます。



マタニティフォトにおすすめのプロップスメッセージ

プロップスには、様々なメッセージを書きこむことができます。「Welcome」、「Hello baby」のように、赤ちゃんへ向けたメッセージを書いてみましょう。「It's a boy」、「It's a Girl」のように性別を書いたり、「32 weeks」のように撮影時の妊娠週数を書いたりするのもおすすめです。旦那さんや妊婦さんが持つププロップスに、「I'm PAPA」、「I'm MAMA」と書くのも良いでしょう。「Coming soon」なんかも面白いですね。

プロップスをハンドメイドしてみよう!

プロップスは、簡単に手作りすることができます。一から自分でデザインすることもできますが、インターネットで配布されている素材を使えばより簡単に作れます。自分の好みに合うものを見つけてダウンロードしましょう。デザインを決め、メッセージを書きこんだら、紙に印刷します。印刷した紙は薄いので、厚紙などで補強します。最後に、割り箸やストローなどを使って、手持ち用の棒を付けたら完成です。