モノクロとカラー、それぞれの魅力やメリットは?

モノクロとカラー、それぞれの魅力やメリットは?

マタニティフォトは、モノクロにするか、カラーにするかによって大きくイメージが変わります。ここでは、モノクロとカラーの違いについて紹介します。

マタニティフォトは、モノクロとカラーでイメージが変わります。モノクロ撮影は、アーティスティックな印象の写真に仕上がるという特徴があります。一方、カラー撮影は、明るく楽しい印象に仕上がります。

年月が経っても飽きないモノクロ

モノクロ撮影は、アーティスティックな印象の写真に仕上がるという特徴があります。そのうえクールで神秘的。年月が経っても、その美しさが色褪せることはないと思います!インテリアとして部屋に飾っておきたい場合にはおすすめです。モノクロの場合、陰影が出るため、二の腕やヒップなどが目立ちにくくなります。そのため、体型にあまり自信がない妊婦さんにもおすすめです。また、モノクロのシルエット撮影であれば、肌荒れや妊娠線も気にする必要がありません。肌の露出に対する抵抗感も、カラーに比べると少ないですね



明るく楽しい雰囲気にしたいならカラーがおすすめ

カラー撮影は、明るく楽しい印象に仕上がるという特徴があります。そのため、上のお子さんと一緒に撮る場合など、明るい仕上がりにしたいときには、カラー撮影が良いでしょう。ブーケやぬいぐるみ、フォトプロップスなどの小物を使って撮影する場合にも、カラーがおすすめです。ほかにも、カラードレスなど、色をメインとした衣装で撮影する場合も、カラーがおすすめ!カラー写真であれば、撮影後にモノクロにすることもできます。ご希望の方はお気軽にお申し付けください。

ポイントカラーもおすすめ

モノクロの写真のうち、一部だけをカラーにする「ポイントカラー加工」も人気があります。たとえば、お腹に色鮮やかなお花を添えて撮影し、花をカラーに、それ以外をすべてモノクロにするといったことが可能です。モノクロの世界に浮かぶ一点の色味が、ハッとするような鮮烈さと力強い印象を与えてくれます。マタニティサッシュベルトやベビー用品、アクセサリーなど、何をカラーにするかは自由です。モノクロかカラーで迷った際は、ぜひポイントカラーも検討してみてください。

→お客様の素敵なアイデア写真を集め、ポイントカラーギャラリーを作ってみました。とってもとっても綺麗です!【ポイントカラーギャラリー】