マタニティフォトを撮る時期はいつがおすすめ?

マタニティフォトを撮る時期はいつがおすすめ?

マタニティフォトの撮影時期は妊娠9ヶ月頃が目安

長いようであっという間の妊娠期。お腹の大きな妊婦さんの姿を撮影するマタニティフォトは、赤ちゃんがお腹の中にいるわずかな時間にしか撮影できない貴重な写真です。
「マタニティフォトは妊娠何ヶ月で撮影すればいい?」
「臨月まで待ったほうがいい写真が撮れるって本当?」
などなど、初めてのマタニティフォト撮影はわからないことだらけ。こちらの記事ではマタニティフォトを検討中の方に向けて、撮影にベストなタイミングやその理由、スタジオの選び方など、初めてのマタニティフォト撮影の不安を解消するあれこれを詳しく解説していきます。



マタニティフォトを撮る時期はいつがおすすめ?

妊娠中のお腹の大きさには個人差があるため、どのくらいお腹が大きくなったらマタニティフォト撮影のベストタイミングなのか、自分ではわかりづらいということもありますよね。マタニティフォト撮影にベストな時期は一体いつなのでしょうか?

マタニティフォトの撮影時期は妊娠9ヶ月頃が目安

マタニティフォトを撮影する時期は、妊娠9ヶ月頃がおすすめ。体調も安定しお腹の大きさが最も分かりやすい時期です。

「おなかの大きさはどのぐらい?」
9ヶ月で撮影されたお客様のマタニティフォトをギャラリーにまとめてみました。おなかの大きさなど是非参考にしてみてください。

Studio-navel⇒ギャラリー #9ヶ月マタニティフォト

マタニティフォト 撮影時期

※週末は混み合いますので早めのご予約をおすすめします。
>>予約の空き状況を確認する

撮影は早すぎても遅すぎてもダメって本当?

一般的にマタニティフォト撮影は、安定期に入ってお腹のふくらみが目立ち始める頃から臨月までに済ませると良いとされています。具体的には、妊娠8ヶ月〜9ヶ月のあいだに撮影する方がもっとも多くなっていますよ。マタニティフォトに最適なタイミングの条件は、傍目でわかるくらいお腹が大きくなっていて、なおかつ出産まで比較的余裕がある時期であること。お腹が大きいほど迫力のあるマタニティフォトを撮ることができますが、タイミングにシビアなマタニティフォト撮影は、時期が早すぎても遅すぎても良い写真を撮ることができません。

たとえば、妊娠中期にあたる妊娠5ヶ月での撮影ではまだまだお腹のふくらみが目立っていない場合も多く、カメラマンから撮影の延期を提案されてしまう可能性も。かといって、お腹がもっとも目立つ臨月以降の撮影は母子への負担が心配です。特に妊娠37週からは正期産と呼ばれ、赤ちゃんがいつ生まれてもおかしくない状態。出産が予定より早まることも大いに考えられるため、遅くとも妊娠10ヶ月までには撮影を済ませておきたいものです。

妊娠32週~36週に来られる妊婦さんが最も多くなっています。

妊娠中のお腹の大きさには個人差がありますが、妊娠初期から妊娠中期に入る時期だと、まだお腹の大きさが目立ちません。中期での撮影で、お腹の大きさが物足りず、後期にもお越しいただく方もいます! お腹が目立つ妊娠9ヶ月ころがおすすめです。妊娠週数でいうと、32週~36週になります。当スタジオでも、妊娠32週~36週に来られる妊婦さんが最も多くなっています。

第二子なら少し早めに見積もるのがベター

2回目以降の妊娠では、お腹が膨らむのが早いといわれています。もちろん個人差はありますが、第一子のときよりも少し早めに見積もっておくと良いでしょう。双子の場合も同様に、早い時期からお腹が膨らみはじめるので、妊娠中期でも大きなお腹で撮影できることがあります。

セルフ撮影の場合はお腹が膨らむ前からもあり!

マタニティフォトをスタジオではなく、セルフで撮る妊婦さんもいます。月ごとに撮影して、妊娠の経過を記録するのも面白いですし、毎日撮影してタイムラプス動画にチャレンジするのもおすすめです。

このように、一般的な撮影時期の目安である妊娠8ヶ月〜9ヶ月をなにがなんでも守らなければいけない、というわけではありません。お腹の大きくなるスピードには個人差があるため、膨らみがはっきりしていて体調がよさそうなら、妊娠中期にマタニティフォト撮影に踏み切るもよし。ただし、スタジオ撮影ともなれば移動時間がかかったり撮影で長時間拘束されたりもするので、ご自身の体調と相談して無理なく外出できる時期を選びましょう。

期間限定 マタニティフォト撮影プラン


スタジオを選ぶときのポイント

「せっかくなら専門のスタジオでプロに撮ってもらいたい!」
そうと決まったら、今度はスタジオ選び。マタニティフォトを撮影しているフォトスタジオは近年ますます増加しています。「たくさんありすぎて、どのスタジオにすればいいのか悩む…」という方に向けて、最後に理想通りのマタニティフォトを撮影するためのスタジオ選びのコツもご紹介していきましょう。

マタニティフォト

撮りたい写真のイメージを明確にする

シンプル、キュート、ナチュラル、スタイリッシュ、神秘的といったテイストや、定番のカラー写真におしゃれなモノクロ写真…と、一口にマタニティフォトといっても様々な種類があります。どんな雰囲気のマタニティフォトが撮りたいか、まずは撮りたい写真のイメージを膨らませてみて。同じセット、同じ衣装で撮影しても撮影スタイルや色調によって雰囲気ががらっと変わるため、スタジオごとのサイトやInstagramは要チェックです。

着たい衣装があるかどうか

その場で衣装をレンタルするのか、それとも用意した衣装をスタジオに持ち込むのかによって、準備や予算も変わってきます。セパレートタイプやチューブトップ、露出を控えたデニムスタイルなど、撮りたい雰囲気によって似合う衣装が異なるので、レンタルする場合のラインナップはあらかじめチェックしておきたいですね。それにあわせて、マタニティフォトらしさをぐっとUPさせる撮影小物の品揃えについても確かめておきたいところ。

マタニティフォト

以下のページから、ネーブルで貸出し中の衣装例をチェックしていただけます♪
マタニティフォト お貸出し衣装ギャラリー

スタジオの実績やスキルをチェックする

よく見かける有名なスタジオであっても、マタニティフォトの実績自体は少ないということもしばしば。スタジオの実績やカメラマンの技術を確認するなら、口コミや実際に撮影された写真をチェックすることが何よりの近道です。特に、同じ目的でスタジオを訪れた人の体験談を聞くことで、HPを見るだけではわからなかったスタジオの雰囲気やスタッフの人柄が伝わってきて不安も軽減されるはず。「撮ってよかった」というポジティブな声がたくさん聞こえてくるスタジオを選びましょう

ネーブルでマタニティフォトを撮影した方のリアルな声と撮影写真はこちらからご覧ください。
VOICE
GALLERY

女性スタッフが在籍しているか

マタニティフォトという写真の性質上、ヌードや露出の多い衣装で撮影することも珍しくありません。ご家族にとってもママ本人にとっても、肌を見せる撮影スタッフは同性のほうが安心できることも多いはず。その点、マタニティフォトの老舗ネーブルは、女性スタッフで撮影を行っております。スタジオ撮影はもちろん、出張ニューボーンフォト撮影には 女性カメラマンと助産師、チャイルドボディセラピスト有資格者のスタッフで対応させていただきますので、安心の撮影です。撮影への不安からちょっとした育児の愚痴まで、ささいなことでも気兼ねなく相談できる雰囲気の中で、初めての方でもリラックスした普段通りの表情で撮影に臨んでいただけます。

料金体系で比較する

マタニティフォト撮影の料金体系はお店によってバラバラなので、単純に撮影料だけを比較して「ここが安い」と判断することはできません。大きく分けると、基本の撮影料にアルバム代やプリント代、画像データ代などが追加でかかってくるタイプに、それらの全てがセットになったセットプランタイプの2種類。カット数や撮影人数、アルバムの質などでも料金が変わってくるので、トータルでいくらかかるのかの見積もりが重要です。スタジオのHPだけではわかりにくい場合には、直接スタジオに問い合わせてみましょう。

ネーブルの詳しい撮影料金については以下のページからご確認ください。
PRICE

まとめ

今回は、マタニティフォトにベストな撮影時期について詳しくご紹介してきました。撮影時期が早すぎても遅すぎても、納得のいくマタニティフォトを撮ることが難しくなります。おすすめのタイミングはずばり、妊娠8ヶ月〜9ヶ月頃。中でも妊娠32週~36週頃だと、ちょうどお腹の膨らみもはっきりしてきて映えるマタニティフォトを撮影することができます。「もうそろそろかな?」と思ったら、早め早めに準備を進めておきましょう。「迷っているうちにタイミングを逃してしまった…」ということのないように、ママと赤ちゃんの体調を最優先に、ご自身にとってのベストなタイミングでマタニティフォトを撮影してくださいね。

マタニティフォトの老舗スタジオネーブルでは、ひとりひとりの妊婦さんの思いに寄り添ったマタニティフォトを撮影しています。今この瞬間だけの神秘的な体のラインが際立つシンプルでおしゃれなモノクロ写真を、オリジナルの台紙とフレームセットでお届け♪
明日を生きるパワーをもらえるマタニティフォト、嬉しくも慌ただしい育児の励みになるようなマタニティフォトを、ネーブルで撮影してみませんか? ご予約はこちらから
RESERVATION FORM



スタジオネーブル 予約

ご予約はこちらから※完全予約制です。