【お役立ち情報】マタニティマッサージの効果

【お役立ち情報】マタニティマッサージの効果

マタニティマッサージ(妊娠マッサージ)には様々な種類があります。また、種類によって得られる効果も異なります。ここではマタニティマッサージの種類や効果について詳しく紹介します。

マタニティマッサージ(妊婦マッサージ)には、妊娠中の不快症状を和らげる効果やリラックス効果があります。ここでは、マタニティマッサージの効果を詳しく解説します。

マタニティマッサージの効果は様々

一口にマタニティマッサージといっても、オイルマッサージやアロマトリートメントから、整体マッサージ、指圧マッサージなど、様々な種類があります。得られる効果もそれぞれ異なりますので、体の状態や目的に合わせて選びましょう。


整体マッサージ・指圧マッサージ

妊娠中の不調をしっかりケアしたいのであれば、整体マッサージや指圧マッサージがおすすめです。これらのマッサージでは、改善したい症状に合わせて施術が行われます。肩こりや腰痛、むくみ、頭痛などに効果が期待できます。また、整体や骨盤マッサージで骨盤を整えることで、出産が楽になるといわれています。


オイルマッサージ・アロマトリートメント

オイルマッサージやアロマトリートメントといったマッサージであれば、むくみなどの不調の緩和に加えて、美容効果も期待できます。オイルやトリートメントを使ってゆっくり全身をマッサージしていくことで、むくみや体のこりを和らげていきます。また、十分に保湿を行うので、妊娠線のケアにも効果的です。


マタニティマッサージは安定期に入ってから

妊娠初期は健康状態が不安定なので、マタニティマッサージを受けるなら安定期に入ってからにしましょう。体調に不安があるときは、必ず医師に相談してください。マタニティマッサージは、エステサロンやマッサージ店、治療院などで受けられます。ただし、妊婦さんの利用を断っているお店も多いので、予約の際に確認が必要です。妊婦さんOKのマッサージ店であっても、妊娠初期の利用は断られることもあるので注意してください。また、安定期であっても、当日具合が悪くなってしまったら、無理せずキャンセルの連絡を入れましょう。