家族と一緒に撮るマタニティフォトのポーズ

家族と一緒に撮るマタニティフォトのポーズ

お腹の大きな妊婦の姿を写真に収めるマタニティフォト。ママおひとりで撮影することの多いマタニティフォトですが、せっかくなら家族写真もかねて、大切なご家族と一緒に撮影してみてはいかがですか?パパや上のお子さん、ペットのワンちゃんなど…赤ちゃんの誕生を待ち望んでいるのはママだけではありません。

「家族とマタニティフォトを撮るなら、どんなポーズがいいのかな?」
「撮影は自宅?それとも専用のスタジオ?」
「家族の服装は合わせたほうがいいの?」

そんな疑問をもつママに向けて、こちらの記事ではご家族と一緒にマタニティフォトを撮影するのにおすすめのポーズを中心に、撮影スタイルや服装など、知っておきたいポイントを詳しくご紹介していきます。

マタニティフォト

マタニティフォトを家族で撮影するには

撮影する時期はいつ頃?

個人差はありますが、一般的にマタニティフォトを撮影するのに適した時期は妊娠7~9ヶ月頃とされています。安定期に入った5ヶ月頃ではまだあまりお腹の膨らみが目立たない場合もあり、もっとお腹の大きい臨月付近の撮影はママの身体への負担が心配です。赤ちゃんが出産予定日よりも早く誕生する可能性も考慮しつつ、ママの体調を最優先に、臨月までに余裕をもって撮影計画を立てるのがいいでしょう。

どこで撮影すればいい?

撮影する場所によって、マタニティフォトの雰囲気や仕上がりはがらりと変わってきます。
「飾らないありのままの姿を残したい」「一生の思い出になる華やかな写真が撮りたい!」など、ママご自身が理想とするイメージに合った撮影場所を選びましょう。

●ご自宅で撮る

ママやご家族にとって一番リラックスできる場所といえば、やっぱりご自宅ですよね。室内なので、季節や天候を気にすることなくお腹を出した撮影ができる点もメリット。撮影場所まで移動する手間もないため「お腹が大きくなってきて外出するのが一苦労…」というママにも助かりますね。

●屋外で撮る

お天気のいい日には、公園や広場といった屋外でのロケーション撮影もおすすめ。夫婦の思い出の場所や、いつもお子さんと遊びに行く近所の公園など…ちょっとしたピクニック気分になれるので、お子さんも普段通りの表情を見せてくれそうです。

●スタジオで撮る

プロのカメラマンや経験豊かなスタッフがいるスタジオでの撮影なら、手軽にイメージ通りのマタニティフォトを撮影することができます。衣装がレンタルできたりヘアメイクしてもらえたりするだけでなく、綺麗に見える角度やポーズのとり方など、撮影のプロに色々とアドバイスしてもらえるのもスタジオならではの利点です。

TVや雑誌など多数のメディアに掲載された実績と信頼をもつ老舗専門スタジオのネーブルでは、2008年のオープン以来、ママひとりひとりの希望に合わせた多彩なマタニティフォトを実現してきました。

これまでネーブルで撮影されたマタニティフォトはどれも神秘的で温かみがあり、妊娠が奇跡であることを改めて実感できるような写真ばかり。セルフでは決して表現できないアートのような趣もあるので、「つい色んな人に見せたくなってしまった」というママの声も多数いただいています。

プロのカメラマンと経験豊富な撮影スタッフにくわえ、マタニティ衣装の無料貸し出しも♪ドレスから私服ライクな一着まで、シンプルな中にも自分らしさが表現できる衣装の中からお好きなものをお選びいただけます。「大家族だから衣装代はなるべく抑えたい…」というママにも嬉しいですね。

→フォトギャラリー
→ご予約はこちらのページから

マタニティフォトの撮影スタイルにはどんな種類があるの?

マタニティフォト

ママのお腹の膨らみを撮影するのがマタニティフォトの一般的なスタイル。
しかし最近では、新しい家族が増えたという記念の家族写真もかねて、ママ以外のご家族も撮影に参加するケースが増えています。

●ご夫婦で撮影する

パパにも参加してもらって夫婦で撮影すれば、仲の良さが伝わる幸せいっぱいのマタニティフォトになります。ママのお腹を撫でたりお腹に話しかけたりと、日頃から赤ちゃんの誕生を待ち遠しく思っているパパの様子もきちんと記録しておきたいですよね。お腹に添える手には、結婚指輪があるとGOOD♪

●お子さんと一緒に撮影する

「夫婦で写るのはちょっと気恥ずかしい…」という方は、お子さんと一緒に撮影してみてはいかがでしょうか?上のお子さんとのマタニティフォトは、初めての兄弟写真にもなります。まだまだママにべったりだと思っていたお子さんが、いつのまにかしっかりお兄ちゃん、お姉ちゃんの表情をしていることに気づくかもしれません。

●家族みんなで撮影する

家族みんなで撮影すれば、赤ちゃんの誕生を盛大にお祝いしているような、にぎやかで楽しげなムードの一枚に。ともに子育てに奮闘しているパパも、これから弟や妹の世話を焼いてくれるようになるお子さんも、お腹の赤ちゃんを一緒に育てていく同志のようなもの。頼りがいのある家族に囲まれた一枚は、子育て中の励みにもなりますね。

●ペットと一緒に撮影する

マタニティフォトにおいても、動物の癒し効果は絶大です。新しい家族が増えたことをわかっているような、わかっていないような…無邪気な表情でお腹を見つめるペットに、みんな自然と笑顔がこぼれてしまうはず。緊張もほぐれて、終始和やかな雰囲気で撮影を進めることができるでしょう。

マタニティフォトを家族やペットと撮影するメリット

マタニティフォトは、妊娠期という限られた時期にしか撮れない貴重な写真です。
そんなマタニティフォトをママおひとりじゃなく家族やペットと一緒に撮るメリットには、次のようなものがあります。

●新しい家族が増えたと実感できる

妊娠中の自分の姿と、誕生を待ち望んでいるご家族の様子を写真に収めることで、改めてじわじわと実感が込み上げてくるはず。新しい生命が宿った大きなお腹を愛おしげに見つめる一枚に、「わたしってこんなに幸せそうな顔をしているんだ」と少し照れくさく感じるかもしれませんね。

●家族みんなにとっての成長記録にもなる

マタニティフォトは、いわばお腹の中ですくすく育つ赤ちゃんの成長記録。けれど家族と一緒なら、それは家族みんなにとっての成長記録にもなります。新米ママと新米パパ、新米のお兄ちゃん、お姉ちゃん…新しい家族が増えたことをきっかけにご家族みんなが日々成長していく過程が、マタニティフォトにはしっかり記録されます。

●リラックスして撮影に臨める

カメラマンや撮影スタッフを前にするスタジオ撮影となると、誰しも緊張してしまうもの。ママおひとりだと心細く感じてしまいますが、家族やペットがそばにいてくれれば安心して撮影に臨めますね。肩の力を抜いて自然体で撮った写真は、どんな加工を施すよりも素敵な一枚になります。

マタニティフォトを家族やペットと撮る時のおすすめポーズ

せっかくご家族と一緒にマタニティフォトを撮るなら、
一人ではできないポーズに挑戦してみましょう♪
続いては、マタニティフォトをご家族やペットと撮る際におすすめのポーズをご紹介します。

●パパがバッグハグ

パパがママのことをバックハグしているポーズは、夫婦で撮影するマタニティフォトの中でも特に人気。パパが後ろからママを抱きしめ、お腹に添えたママの手にパパの手を重ねましょう。夫婦の仲の良さがアピールできるだけでなく、パパがママと赤ちゃんを守ってくれているという「安心感」も演出できます。

●お子さんがママのお腹に触れる

上のお子さんがママのお腹に触れているポーズも、家族と撮るマタニティフォトの定番です。お子さんのぷっくりと愛らしい手が添えられることで、なんとも微笑ましい一枚に。あるいは夫婦の手の上にお子さんの手を重ねると、大人と子どものサイズ感の違いが印象的ですよ。

●お子さんがお腹に耳をあてるorキスをする

お子さんがママのお腹に耳を当てて胎動に耳をすませているようなポーズや、ママのお腹にキスをしているポーズも、お子さんと一緒に撮るならぜひとも挑戦していただきたいポーズです。お子さんが弟・妹の誕生を今か今かと待ち望んでいるいじらしい様子が伝わる写真になりそうですね。

●家族みんなで同じポーズをとる

家族みんなで同じポーズをとることで、和気あいあいとしたムードのマタニティフォトになります。ママにならって全員でお腹を見せるポーズなら、パパの引き締まったお腹やお子さんのぷにっと柔らかそうなお腹など、コミカルさが際立つ写真を撮ることができます。家族が横一列に並んでお腹を撫でているポーズもおすすめ。

●ペットの目線をお腹に向ける

マタニティフォトにペットの目線が加わると、ぐっと優しげな雰囲気の一枚に。「どうしてお腹が大きいの?」とでも問いたげな表情で、ママのお腹を見上げるワンちゃん。大型犬なら鼻先でキスしてもらったり、小型犬なら後ろ足で立って、お腹に軽く寄りかかってもらったりしてもいいですね。

●夫婦で一緒のポーズをとる

二人でママのお腹を愛おしげに撫でたり、並んでお腹を出したり…夫婦で一緒のポーズをとると、おちゃめで楽しげなマタニティフォトになります。特に夫婦でお腹を出すポーズでは、もしパパのお腹に少しお肉がついていて、ママのお腹と似たようなフォルムだったとしても、それはそれで茶目っ気たっぷりの一枚に♪

●お腹に話しかける

お腹に向かって話しかけているポーズも、マタニティフォトでは定番です。お腹を蹴ったり身じろぎしたりと、ママのお腹の中でしっかり存在を主張してくる赤ちゃんとの最初のコミュニケーションとして。パパと上のお子さんでママを挟んで両側から話しかけていると、お腹の赤ちゃんも元気いっぱい応えてくれるかもしれませんよ。

●手でハートマークを作る

お腹の真ん中あたりでハートマークを作るポーズなら、「顔出しするのは恥ずかしい」というパパにも抵抗なくマタニティフォトに参加してもらえます。パパがママをバックハグする形で、両手で作ったハートマークを二つ重ねましょう。この時も、結婚指輪がキラリと光っているとさらに素敵ですね。

マタニティフォトを家族で撮る時の服装

マタニティフォト

家族でマタニティフォトを撮る際には、ママだけでなくご家族のコーディネートも意識することで、ぐっと洗練された雰囲気になります。
ここからは、マタニティフォトにぴったりな服装のアイデアをご紹介します。

●家族全員白Tシャツ×デニムで

白のTシャツ×デニムという服装は、シンプルがゆえにマタニティフォトに映えるコーデ。白は清潔感があって爽やかな印象を与えるだけでなく、肌を綺麗に見せてくれるという嬉しい効果もあります。プリントが入っていたり胸元にワンポイントがあったりしてもOKなので、パパやお子さんと服装を揃えやすいというメリットも。

●共通の色や柄でお揃いに

上から下まですべての服装をご家族で合わせるというのは、案外難しいもの。「全員の洋服を揃えるのはムリ…」という方には、どこかに共通の色を取り入れる方法が手軽でおすすめです。ママのドレスに使われている色を家族の服にも取り入れたり、ストライプ柄やドット柄で合わせたりするだけで、それぞれの服装が違っても一体感が出せますよ。

●白あるいは黒ですべて揃える

「服装の統一感にこだわりたい」という方には、全身を白か黒で揃える上級者コーデが人気です。家族全員が黒でそろえた「オール黒」コーデなら大人っぽくシックな印象に、白系でまとめた「白コーデ」ならふんわり柔らかな印象に。その際、ブーケやコサージュをあえてカラフルにするといいアクセントになります。

●タキシード風やドレスでなんちゃって正装

ママがドレスを着る場合には、お兄ちゃん、お姉ちゃんもタキシード風の衣装やかわいいドレスでよそ行きのお顔に。かっちりした正装でなくとも、普段より少しドレッシーな装いにするだけでお子さんもテンションが上がりっぱなし♪めったにない家族写真の機会でもあるからこそ、特別感のある衣装でビシッときめるのもアリですよね。

●ワンピース

「飾らず自然体で写真に写りたい」というママは、お気に入りのワンピースを着て撮影するのもよいでしょう。この場合、胸の下に切り替えがあるものや柔らかい素材でお腹の膨らみがわかりやすいものがベター♪ボディラインの出るニットワンピースなら、寒い季節にお腹を冷やす心配もなく、お腹の膨らみを目立たせることができて一石二鳥です。

●マタニティドレス

妊婦さんのためにデザインされたマタニティドレスを着ることで、より「マタニティフォトらしさ」を演出することができます。中でも特に人気があるのは、白い生地に繊細なレースがたっぷりあしらわれたデザイン。大きなお腹に上品なレース素材をまとえば、聖母さながら、母性に満ちあふれた優しげな雰囲気を醸し出すことができます。

●チューブトップ

そのままでお腹の膨らみが強調できるチューブトップも、マタニティフォトでは定番となっている服装です。リラクシーなロングスカートやロングパンツなど、組み合わせるボトムを選ばないのも嬉しいポイント。お腹にイラストや数字を描き入れるマタニティペイント(落書きフォト)にも挑戦してみると、ご家族で盛り上がること間違いなしですよ。

いかがでしたか?
そのほか、マタニティフォトを撮るのにぴったりな衣装の種類や衣装選びのポイントについては
「マタニティフォトはどんな服装で撮ればいいの?」を参考にしてみてくださいね。

マタニティフォトで家族の服装を選ぶ際のポイント

ここで、「家族でマタニティフォトを撮るのが初めて」という方に向けて、
服装を選ぶ際に気をつけたいポイントをまとめました。
コーディネートに悩んだら、ぜひ次のいくつかのポイントを意識してみましょう。

●夫婦で服装を揃える

夫婦でマタニティフォトを撮るなら、二人の服装はなるべく揃えたいものです。たとえば、ママがカジュアルなデニムスタイルならパパもデニムで合わせ、ママがナチュラルな質感のワンピースなら、パパはコットンシャツにベージュのパンツ、といった感じ。結婚指輪の代わりに、お揃いのアクセサリーを身につけてもよいですね。

●肌の露出具合を揃える

ママがお腹を出して撮影することが多いマタニティフォト。ご家族もやや薄着で撮影に臨んだほうが、全体としてバランスのとれた写真になります。ママがチューブトップを着ているのに、パパはかっちりしたタキシード。そのように肌色の割合に差があると、ちぐはぐした印象になってしまいます。長袖なら腕まくりをするだけでも軽やかな印象になりますよ。

●服装の「質感」を揃える

とりわけモノクロ撮影において活きてくるのが、衣装の「質感」の違いです。コットンや薄手のニットならナチュラルで柔らかい雰囲気に、とろみと光沢のある生地なら上品な雰囲気になります。使われている素材によってシルエットや陰影がさまざまに変化するため、撮りたいイメージに合わせて素材を選ぶとよいでしょう。

●服装の「色味」を揃える

服装の色味を揃えるのは、もっとも簡単に家族で統一感を出すことができる方法です。淡い色で揃えれば明るく爽やかな印象に、黒い背景と合わせて濃い色でまとめると、アーティスティックな印象になります。ほかにも暖色や寒色など、どの色でまとめるかでマタニティフォトの仕上がりが大きく違ってきます。

●親子で服装を揃えると可愛らしさがアップ

上のお子さんと撮影する場合も、基本的にはママに合わせた服装がおすすめ。お姉ちゃんとなら「双子コーデ」や「リンクコーデ」と呼ばれる、双子のようにそっくりな格好をしてみるのも可愛らしいですよね。次に家族写真を撮るときにはお腹の赤ちゃんと三人でお揃いの格好ができることを楽しみに、ぜひ今しかできない服装に挑戦してみましょう。

スタジオネーブルのInstagramでは、これまでにマタニティフォトを撮影した方のお写真を多数ご紹介しています。
衣装選びに迷っている方はこちらも参考にしてみてくださいね。

マタニティフォトをもっと素敵に演出するアイデア

上でご紹介したポイントを意識するだけでもオリジナリティある写真が撮れますが、ちょっとした工夫でさらに魅力的な一枚にもなることをご存知ですか?

最後に、マタニティフォトをもっと素敵に演出するためのプラスワン・アイデアをお伝えします。

●モノクロ撮影

モノクロ加工にするだけで、ぐんとスタイリッシュな雰囲気に。被写体の形や光、質感とコントラストで表現されるモノクロ写真は、同じシチュエーションで同じ服装であっても、カラー写真とはまったくの別物。陰影のグラデーションが表情に深みを与え、オシャレで味わい深い唯一無二の仕上がりになります。

●シルエット撮影

「神秘的な写真が撮れる!」と人気が高いのが、マタニティフォトと相性抜群のシルエット撮影です。お腹の輪郭がくっきりと現れるので、まだあまりお腹が大きくないという方でも膨らみを強調できるのが大きなメリット。「顔を写すのは恥ずかしい」「肌トラブルが気になる」というママでも気軽に挑戦できる撮影スタイルですね。

●撮影アイテムを使用する

さまざまな撮影小物を取り入れることで、より凝った印象のマタニティフォトを撮ることができます。紙コップと糸で簡単に作れる人気の「糸電話」を使えば、
まるでお腹の赤ちゃんと会話しているみたい♪
ほかにも、

  • ・メッセージ入りガーランドを飾る
  • ・お腹に王冠や花かんむりをのせる
  • ・エコー写真やベビー用品を添える

などなど、身近にあるものや赤ちゃんのために買い揃えたものを上手に活用することで、ほかにはないユニークなマタニティフォトが完成します。

マタニティフォトで一生の思い出づくりを

確かに自分のお腹の中にいるのに、まだエコー写真でしか顔を見たことのない赤ちゃん。「いつ生まれてきてくれるんだろう」とそわそわしてばかりでは、ママの心も休まりませんよね。

そんな時は、今この瞬間にしか撮れないマタニティフォトに挑戦してみてはいかがでしょうか?

自宅や公園など、撮影場所にはいろいろな選択肢がありますが、思わず飾りたくなるとびきりの一枚を撮るならやっぱりスタジオが一番!
本格的な照明機材にスタジオセット、プロのカメラマンの腕で、セルフでは決してかなわないクオリティのマタニティフォトを撮ることができます。

ご家族と一生の思い出になるマタニティフォトを撮るなら、ぜひ完全予約制の老舗フォトスタジオネーブルで♪
プロのカメラマンと経験豊富なスタッフがママの希望にとことん寄り添い、優美でぬくもりあるマタニティフォトを作成します。
スタジオネーブルが誇るマタニティフォトは、まるで洋書やインテリアのように部屋に飾っておきたくなる仕上がり。
妊娠期の大事な記録としてはもちろん、赤ちゃんが大きくなってから一緒に見返すという楽しみも兼ねそなえたマタニティフォト。お腹の中の赤ちゃんと毎日を過ごすかけがえのない幸せを、ご家族とじっくり噛みしめてくださいね。

忘れられない思い出づくりに♪マタニティフォトのご予約はこちらから



スタジオネーブル 予約

ご予約はこちらから※完全予約制です。